「片付けられない」はテクニックで治せる|メンタリストDaigoに学ぶ心理法則

部屋が片付けられない!
片付けても、一ヶ月もしたら元通りの汚さ…!
実家もモノが多かった。きっとこれは遺伝と教育のダブルパンチだ…。

散らかった部屋を見て、そんな風に肩を落としたことはないでしょうか?

僕はあります!!!

というのも、元々かなりヤバめな散らかり具合の部屋でして…。

どれぐらいかというとですね。
一人暮らしの部屋に来た彼女が、扉を開けてしばし絶句した後、

「これ、靴脱いだ方がいいの…?」

と欧米スタイルの入室を検討した程でして。

さすがに「これではいかん!」と思い、

  • 心理学者
  • ミリマリスト
  • お坊さん
  • 整理収納アドバイザー

などなど、いろんな方の書かれた片付け本を、片っ端から読み漁りました。

そんな中でも!
一番の当たり本をご紹介します。



何が当たりかって、マインドセット(考え方)に加えて、具体的にどうすればいいのかのテクニックが満載だから。

この本のおかげで、僕の部屋もモノがあるべきところに収まって、床も広々。
服でも本でも、探さずスッと出せるようになりました!

  • 「モノが多い」
  • 「部屋が汚い」
  • 「片付けられない」

そういう自覚がある人は、この記事を読み進めてください。
本を買わなくても、大体の内容はつかめるように書きました。

「片付けられない」はテクニックを身につけることで治ります。

いってみよーう!

片付けの本当の目的とは?

ダイエット同様、目的がハッキリしてないと、テクニックを身につけても行動に移せません。

そこで、片付けられないあなたにお聞きします。

「片付けの目的はなんですか?」

部屋がキレイになることでしょうか?

それは違います。
いつだって、本当の目的は表面的な目的の奥にあります。

片付けの本当の目的とは、人生を最大化して幸福を手にいれることです。

いきなりスケールの大きい言葉が並びましたね…。
どういう意味か、流れを説明します。

  1. モノが減り・部屋が片付く
  2. モノの管理コスト・探す時間が減る
  3. 時間と集中力が増える
  4. 頭脳労働に集中できる
  5. 生産性が上がる
  6. 副業や、本業の勉強をする
  7. 収入が増える
  8. お金で時間を買えるようになる
  9. もっと頭脳労働に集中できるようになる
  10. 以下、無限ループ

つまり、「自分の本当の目的を達成するために、余計な時間を取られるモノを片付けよう!」ってことです。

この目的意識があるかないかで、これからご紹介するテクニックの身につき方が変わってきます。

鍵は時間集中力

実際、片付いていない部屋だと、どれぐらいの時間と集中力のロスがあるんでしょうか?

片付けで手に入る、時間(ローコスト管理の原則)

仮に1日にトータルで10分、探しものや、整理整頓・モノの手入れに使ったとしましょう。
すると1年で3600分、丸2日半もの間、不眠不休で作業してることになります。

なにコレこわっ!
こんな無駄なことはないですよね。

また、ビジネスパーソンが探しものに費やす時間は「年平均150時間」というデータがあります。
「ある分野の専門家になるには、1000時間の勉強が必要」というデータもあるので、過去7年分の探しものの時間があれば、何者かになれたはず。

7年前の自分、マジでごめん!

モノはこうやって、自分の時間を、人生を汚染していきます。
これに気づくと、捨てやすくなりませんか?

片付けで手に入る、集中力(初速最大化の原則)

20秒ルールを意識する

何かをするにあたり、集中力を爆発させるために意識したいのは、この2つ。

  • 必要なモノが手に取りやすい環境をつくる
  • 手順を減らす

このとき意識したいのが「20秒ルール」

「人間は、とりかかるときに必要な時間を20秒短縮するだけで、それを習慣化できる。逆に、20秒余計に時間がかかるようにするだけで、習慣をやめられる」
(アメリカの心理学者ショーン・エイカーがハーバード大学で行った研究)

アフォーダンスをデザインする

また、「アフォーダンスがデザインされた空間」を整えることも大事。

アフォーダンスとは「環境が行動を既定している状態」のこと。
わかりやすくいうと、「パッと見て何したらいいかわかる状態」ですね!

  • 駅のホームに椅子がある
    →座る
  • エレベーターのドアの前にボタンがある
    →押す
  • マグカップに取手がある
    →持つ

みたいな!

このデザインを部屋に落とし込んでる例が、ビジネスホテル。

ちょっとしたデスクに椅子。スタンドライト。
そして電源コンセント。

サッと座って、ノートパソコンを開きたくなりますよね。

僕の場合は、この20秒ルールとアフォーダンスを意識して、こういうブログ執筆環境を整えました!

  • 机の上にはMacBook・読みかけの本・ブックスタンド・水の入ったペットボトル
  • パソコンを開いたら、デスクトップにevernoteとMarsEdit
  • 引き出しには耳栓・イヤーマフ

モノを用意する時間や手順を減らすことで、作業に取り掛かる初速を最大化するようにしています。

その結果、ハードルが下がってスッと書き出せるようになりましたね。

机の上は、特にモノを減らす!

モノがあふれた空間では集中力が散漫になってしまいます。

  • 読みかけの本を見て「ああ読まないと」
  • 散らかった服を見て「ああ片付けないと」
  • ぬいぐるみと目が合って「ダニとか、いるのかな」

特に、パソコンのデスクトップと、ほんとのデスクトップ(つまり机の上)は特に要注意。
これらは脳内の散らかり具合に直結しています。

なのでデスクトップのフォルダも3つまでにして、机の上にも極力モノを置かないようにしています。

  • 写真
  • フィギュア
  • 観葉植物

あたりを飾ってる人もいますが、それらも置きません。
こんな集中力が途切れるのを避けるためです。

  • 写真
    →この景色、ほんといいよねぇ。きっとこんな心地いい風が吹いて…
  • フィギュア
    →の作品、ほんといいよなぁ。特にあの回のあのシーン…
  • 観葉植物
    →癒されるなぁ。育ってきた。ちょっと水でも…

理想はビジネスホテルや、図書館の学習スペース。
机の一枚板のみがある環境です。

スッキリした空間が、スッキリした頭を作ってくれます。

モノが勝手に減っていく7つの質問

「捨てられない」から「捨て体質」に!

ここまで読んでも、「そうはいっても捨てられないよ」って声が聞こえてきそうですね。

でも、そんなあなたも大丈夫。
モノを目の前にしたら、こんな質問を自分に向けてしてください。

「いったん捨てたとして、これを買い直すか?」(買い直し思考)

服を例にしましょう。
クローゼットの前で「ここはお店だ」と言い聞かせるんです。

つまり、「どれを捨てるか」ではなく、いったん全部捨てた状態を想像して、「どれを買い戻すか」を考えるわけです。

散らかった部屋でゴミ袋に入れていくんじゃない。
なんにもない部屋に、ひとつずつ戻していくイメージ。
つまりゼロベース思考!

そうすると、ほんとに要るモノが浮かび上がってきませんか?

「長期旅行に持って行きたいモノか?」(トラベラー思考)

旅行中って、トランクひとつで十分楽しく過せましたよね?

大事にとってるアレやコレ。
意外と今の価値観で見直すと、要らないモノかも?

「誰かが買ってくれるとしたら売るか?」(ネットオークション思考)

「いや、これは本当に気に入ってる。「売って」と言われても断る!!」

そんなお気に入りだけが部屋に残る。
素敵じゃない?

「あの日に戻れたとして、やはりこれを買うか?」(タイムトラベル思考)

「高いお金を出して買ったんだから、これは自分にとって必要なモノなんだ!」

ときに人は自分にそう言い聞かせて、買い物の失敗から目を背けます。

こわいのは、そんな風に自分を騙し続けると、次第に本当にほしいモノ・必要なモノが、自分でもわからなくなってしまうこと。

あなたが本当にしたいことはなんですか?
そのためには、目の前のそれは必要ですか?

「ん〜これは、…要らんかったな!!ミスった!」
次に進むためには、過去の失敗を認めましょう。

「お金が無限にあったら、本当にこれを買うか?」(大富豪思考)

お金があって「いつでも買える」と思えると、心に余裕が生まれて、無駄遣いがなくなります。
逆にお金がないと、セール品なんかを買い込みがち。

「いつでもなんでも買えるとして、これを買うか?(買ったか?)」

こうたずねることで、一番いい、本当に必要なモノだけ欲しくなりますね。

「これを何回我慢すれば、ほしいモノが買えるか?」(ほしいモノ変換思考)

「買い物がやめられない!」って人にオススメの方法です。

  • 名もなき服の買い物を4回
    →ずっと憧れてる、あのブランドの、アレ

みたいなね!

「これ全部の金額で、アレ買えたやん…」
って気づいて、がっくりしたことってありませんか?

あれを先回りして防ぐイメージ!

  • ランチで外食2回
    →話題のビジネス書をKindleで一冊!

みたいな手軽なところから練習するのもいいですね。

「3年、5年、10年経っても必要か?」(ロングスパン思考)

未来の自分の価値観を想像するのって、難しいですよね?

そんなときは、逆に過去の自分を振り返りましょう!

  • 5年前に買って、今でも愛用しているモノ
  • 3年前に買って、結局箱に入ったままのモノ

そうやって自分の価値観・趣向を知ることで、未来を予測できるようになります。

ちょっと抽象的ですけど、僕の場合は「薄い」「軽い」が重要みたいです。

ゴツい腕時計なんかは、男らしくてカッコイイと思って買ったけど、結局身につけなくなりました。
長時間つけてるとジャマになってくるんですよね…。

だから「かさばる」「重い」モノは今後も買いませんし、極力手放しました。

毎日の片付け、7つの習慣

ここでは、毎日の片付けに取り入れたい、素敵な習慣を紹介します。

僕はif-thenプランニング、数量限定、5秒ルールがお気に入りやなぁ。
あなたはどれですか?

「これならできそう!」ってものがあれば、取り入れてくださいね。

1イン2アウト

何か1つ手に入れたら、代わりに2つ手放す!

「1イン1アウト」ってテクニックもありますけど、それだと弱いんです。
もらったモノなんかで、ちょっとずつ増えていく…。

自分の国の入国審査官になったつもりで、モノの侵入を厳しく監視しましょう!

一日一与

捨てるのはもったいない。
でも、メルカリやヤフオクに出すのも一苦労。

だったらもうあげちゃいましょう!

「サイズが小さくなった服は、細身のあの人が着れるかも」
「この本、今のあの人に役立つかもな」

あなたにとっての不用品は、誰かにとっては宝物になるかも!
どんどん人にあげて手放し癖をつけましょう。

5秒以内に元に戻せるルール

5秒以内に戻せるようにすると、モノを探したり、片付けたりするストレスは激減します!

コツはモノの位置を完全に決めること。

「なんとなーく、本棚のこのあたり」

ではなく、バチっとカチッと決めちゃう。だから探さない。

6割収納ルール

「収納」って聞くと、「限られたスペースを有効活用して、いかにモノを多く片付けられるか」、みたいなイメージありませんか?

でもそうではなく、イメージするのは「収納」じゃなくて「飾る」。

家具屋さんのショールームにある棚にも、英和辞典やらオシャレ植物やらが、 ポン…ポンっと置かれてますよね。生活感なく!

いつだって問題なのは、家がせまいことじゃない。
モノが多いこと。

今いる家でモノがギチギチな人は、ひろびろ4LDKに引っ越しても、なんかしらで家中の収納をギチギチにするでしょう。

今、この部屋で変えていこう!

数量限定

よく家にあふれ返ってる服。
これも手放せる可能性が多いにあります。

思い切って、「シャツは7枚、デニムは3本」みたいに、数を決めちゃいましょう!

「そんなことしたら、おんなじ服ばっかり着てると思われそうで恥ずかしい…」

大丈夫です。
あなたは友達や同僚の、服のバリエーションを、どれだけ覚えていますか?

人は他人の服なんて、それほど見てません。覚えてません。

そして服の数を減らすコツは、テーマを決めること。

  • どこかに青系を入れて爽やかに見せたい
  • シンプルなスタイルにして、アクセサリーでアクセントをつけたい
  • ネクタイはいっつも赤系に決めてる!

服でも暮らしでも、自分のスタイルが確立されてる人は魅力的ですよね。

写真暗示

片付いた状態を写真にして飾る、というのがこのテクニック。

鏡を見て寝グセをなおすように、現状と理想を見比べることで、自然と片付ける気持ちがわき上がります。

実はこれ、こどものおもちゃの片付けにも、すっごい有効ですよ!

こども部屋・おもちゃ箱。
その辺りに写真を貼っておくと、「この通りにすればいいんだ」っていう、いいお手本になりますよ。

自然に片付く小技の活用

香りのコントロール

芳香剤でもアロマでも、なんでもいいです。
石けんのような、清潔感のある香りを漂わせましょう。

そうすると、不思議とモノが散らかりにくくなります。

フォーカルポイント

部屋の中で1ヶ所だけ、いつでも完璧にキレイな場所を作るテクニックです。

するとそこに合わせて、無意識に家中を整えたくなります。

if-thenプランニング

「トリガー行動をしたら、タスク行動をする」ってやつ!

例えば、

  • 歯磨きしたら鏡を拭く
  • お風呂のお湯を入れ始めたら、靴を磨く
  • ノートパソコンを閉じたら、机の上をモップでササッと掃除する

みたいに!

if(もし)とthen(そのときは)っていう具合に、毎日の習慣とお掃除をセットにしちゃいましょう。

散らかり倒して、汚れまくった状態だと、掃除するのは一苦労。
でも毎日チョチョイっとやってれば、キレイをキープできますよ!

まとめ:「片付けられない」はテクニックで解消できる!

片付けられない女
片付けられない性格

こんな言葉を聞いたことはないでしょうか?
まるで、

「生まれつき決まってたもの=変えられないもの」

みたいな印象を与えちゃいますよね。
(性別も性格も変えられますけどね!!)

でもそうじゃない。

今日紹介したような心理学の法則を使えば、片付けは誰でもできるようになります。

テクニックです。技術です!練習です!!

まず、どれかひとつでもピンと来たものから試してください。

あなたの部屋と頭と心がスッキリしますように。
そして、ほんとにしたいことが出来て、夢や目標に近づけますように。

その手助けになれば嬉しいです。

では、また!



おまけのひとこと

ヨリヨイ
家に入ってくるモノ、それはあなたの人生を奪うモノ。