「とりあえず3年」は会社側の罠|すぐに辞めて転職しても大丈夫な理由

自分の思考、自分の意志

まず、こちらを見てほしい。

これは「とりあえず3年」というフレーズに潜んだを、見事に明かしている。

んが、これが全てではない
そのことを君に伝えたくて、今この記事を書いている。

そう、

  • 「今の職場…どうなんかなぁ。ずっと働く場所じゃない気がする…」
  • 「自分の居場所はここじゃない。根本的な部分が合ってない。自分はもっと違う場所で輝ける人間だ」
  • ブラック企業に入っちった!」

って考えてる、君に伝えるためにだ。

この記事を読んだら、こんなことが学べる。

  • 「とりあえず3年」に潜むカラクリの全て
  • 転職にあたって「とりあえず3年」を気にしなくていい理由
  • 3年以内に転職するときの注意点
  • 今こうしている間にも減り続けている君の資産

よしっ!解説いくぞー!

さぁ!付いて来い!!


「とりあえず3年」のカラクリその1 〜四季報に潜む闇編〜

まずは上記ツイートの簡単な解説から。

ある程度の企業であれば、情報が掲載されている会社名鑑。それが会社四季報。
そこには、「平均年収」や「有休消化平均日数」と並んで、「3年後離職率」という項目がある。

当然そこの「%」が高いと

「わっ!ブラック企業じゃん!こえー!!」

と避けられちゃうよね。

有能な大学生にも、お金持ちの投資家にもね。

「とりあえず3年」のカラクリその2 〜会社の高い買い物編〜

君は買い物をするときに、いわゆるコスパを考えないか?

  • いくらぐらい出したら、それなりのものが買えるんだろうか?
  • これを買ったら、元が取れるぐらいに使えるだろうか?
  • すぐに壊れたりしないかな?

 

それ、会社もおんなじ。

採用にはお金がかかってるんだよ。

  • 求人サイトへの出稿
  • パンフレット作成
  • 説明会への参加
  • 食事会の開催

などなど。

企業の気合いの入れ方にもよりますが、1人採用するのに、50〜100万円近くかかる。

しかもこれ、採用にかかるイニシャルコスト(初期費用)だけで、だよ?
それに加えて、

  • スーツ着て満足げな顔してるだけの学生が、一人前に利益を生み出せるようになるまでの教育費
  • それまでにそいつを雇い続けるためのランニングコスト(維持費

も、会社は支払わないといけない。
(ちなみに社員の一人あたりの維持費は、社会保険料や賃料やなんやで、給料の2〜3倍

「とりあえず3年」のカラクリまとめ 〜ミナミの帝王編〜

つまり何が言いたいかっていうと、「とりあえず3年」は、略さずに言うと

「とりあえず3年はいてくれんと、会社の評判も悪うなるし、投資した初期費用が回収できひんやないかコラ!はよ仕事取って来こんかい!ワレ!」

ってこと!!

こえー!

ミナミの帝王!
下町のナポレオン!
ローマの休日!

転職にあたって「とりあえず3年」を気にしなくていい理由その1 〜面接の扉編〜

「あんまり早く辞めると、次の会社の面接で印象悪くなるんで…」

って言って、耐えて働き続けてる若者がよくいるけど。

次の会社の面接官の気持ちになってみて?

変な会社をスパッと辞める。
そして面接のときにはキリッとした顔で、堂々と辞めた理由を話す。

会社の悪口や愚痴にならないよう、理路整然と行動の原因を理性的にね。

そうすれば、判断力・決断力・行動力を評価されて、悪い印象にはならない。

逆に勤続年数にこだわって、そこをほじくってくるようだと、もしかしてその会社も…。

転職にあたって「とりあえず3年」を気にしなくていい理由その2 〜減り続ける資産編〜

君が無駄に3年を浪費してる間に、減り続けている資産がある。

それは「若さ」だ。

転職市場では、スキルと同じくらい若さも武器になる。

 

採用する側からすると、中途半端に年食ったヤツだと、

  • 前の職場でのやり方を引きずってそう
  • 年齢に見合った給料を要求して来そう
  • 年上の後輩?扱いづらくね?

ってなって、敬遠される。

「一生懸命がんばります!」
つって瞳を輝かせてる素直な若者の方が、育てたくなるよね?
面倒見て、色々教えあげたくなるよね?

脂を塗ったくったようなおっさんが、
「ふふーん。こういうときは、そうするんだ。僕ちんのいた前の会社とは違うなーぁ。ブヒヒ」
とか言ってきたら、鼻の凸を拳で凹にしたくなるよね?

 

「いや、俺3年経ってもそんなおっさんじゃねーし」

とか今考えたそこのあまちゃんよ。
海に潜るかい?

「新しい職場の先輩が思いの外若い!」なんてことはよくある話だよ。

そしてその思いの外若先輩からしたら、君はもうおっさんだよ。

明日の君は、今日よりおっさん。

今日はこれを覚えて帰ってください。

3年以内に転職するときの注意点

ここまで散々

「とりあえず3年とか罠やしな罠!」
「ブタおっさんには正拳突きっしょ!」
「悪人が繰り出しても、「正拳突き」って言うの?」

なーんて話を繰り広げてきたけどもやね。

さーんざん黒い石の上なんかに、3年も座り続けようとする君の背中を蹴り飛ばして来たけどもやね。

1コだけ注意点があるんよ。

 

それは「連続すると印象悪くなる」ってこと。

 

例えばバツイチの人に出会ったとする。

話したところ、いい人そうだ。
この人に落ち度はなさそう。

っとなると、

「変な相手と結婚しちゃったのかな」
「運が悪かったのかな」

って考えるよね?

 

ところがこれが、バツ2、バツ3となると、

「…こいつに原因があるのか?」

って疑っちゃうよね?

それ、会社もおんなじ。(2回目)

 

「こんなブラック企業なんて、とりあえず3年と言わず、3日で辞めてやらぁーよ!どっかのおもしろブログにもそんなん書いたあーったしな!へへーん!」

って強気に辞めたとしても、それが2回目・3回目となると、面接官としては、

「…こいつに原因があるのか?」(2回目)
「それ、会社がブラックだったんじゃなくて、こいつがブラックなんじゃあ…?」

って疑っちゃうよね?(2か…)

 

要するに「信用を失う」ってこと。
これは転職市場で手痛い。

相手は、ほとんど過去の君しか見ないからね。
君がどんだけ未来の自分を語ろうとしても、その前にエントリーシートに書かれた過去の君が、お祈りメールを食らうからね。

未来のない会社で時間を浪費している暇はないけど、「3年以内転職」は連発できる技でないことは、頭に入れておいて。

 

それに転職を繰り返してると、よっぽどのスキルがあってヘッドハンティングされたケースなんかを除いて、いつまで経っても給料が上がらないよ。

周りが車買ったり、家買ったり、子供作ったりしだしてから、差がついてることに気がついても遅いよー。

今、「とりあえず3年」中の君に伝えたいこと

はよ動け。

  • 時間
  • 若さの価値
  • 体力
  • 次の職場でステップアップして得られるはずの昇給
  • マイホームのチャンス
  • 結婚のチャンス
  • 人生

君の想像以上にいろんなもんを無駄にしとるぞ。

んで、いざ転職したいときにバチっと来るいい企業があるかわからん。

それにいざビビッときた企業で、面接がバチッと決まるかもわからん。
エントリーシートも面接も、何回か無駄にする気持ちで、実践練習しておいた方がいい。

登録だけでもして、市場に眼を光らせておけ

目の前の企業の条件がいいのか悪いのかも、わかるようになっから!

 

あるところに、はある。

言葉の意味を考えよう。
そして、自分の意志を尊重しよう。

大丈夫。ここまで読む前とは、ちょっと違った君になってる。

自信持って行こう!!!!

おまけのひとこと

ヨリヨイ
僕も転職経験者なんで、必要な人はTwitterで相談のりまーす。待ってるぜ。