タスク分解で「何から手をつけていいかわからない」から「段取りのいい人」に!

「あーもう!何から手をつけていいかわからない!!」

大量のやるべきことをを目の前にして、そう叫びたくなるときはありませんか?

僕はあります!!
おっきな仕事が来たときとかね。頭がフリーズしますよね。

「プレゼンの準備?ええっ…と…。何からハジメレバ??」
「旅行の準備!………..メンドクサイ…..」

そんな僕でも、ある方法を知ってからは変わりました。
ミスなく遅れもなく、サクサクことを終わらせるようになったんです。

それが「タスク分解」っていう方法。

これを知ってるだけで、簡単に「段取りのいい人」になれますよ!

こんな人には役に立つ記事です。

  • 大きな仕事が来ると、途端に効率が悪くなる。
  • 片付け・準備が苦手。他の人よりも時間がかかる。
  • 「段取りが悪い」という自覚がある

よし!解説もサクサクと!
いってみよーう!

何から手をつけていいかわからない原因は、具体的な行動に落とし込めてないこと

ロトの剣的なイメージ
さて、「タスク分解」とは?

「タスク」=しないといけないこと
「分解」=バラバラにすること

そう。つまり作業を細分化すること。
ドラクエで例えるなら、キングスライムをスライム10匹に分解して、1匹ずつブッ叩いていくイメージ!

これがなんで有効なんでしょうか?

それは、
「何から手をつけていいかわからない」
っていう状態は、
「大きな目標はわかってるけど、それを具体的な行動に落とし込めていない
ってことだから!

例えば「旅行の準備」って言われても、することが多過ぎて、最初に何から手をつけていいかピンときませんよね?

この場合、タスク分解を使ったらどうなるんでしょうか?

「何から手をつけていいかわからない」問題、実際にタスクを分解してみよう

タスク分解
例を挙げて、タスク分解のやり方を解説します。

コツは、慣れないうちはなるべく細かく分けること!

自分でも「いや、こんなに細かく分けんでも」って思っちゃうぐらいがちょうどいいです。
理由は、小さい作業でも、こなしていくとリズムと勢いが出てくるから!

では、先ほど例に挙げた「旅行の準備」の場合から見てみましょう。

旅行の準備

旅行って楽しいけど、準備が面倒ですよね!ぶっちゃけ。
大事なもの忘れたら、テンション下がりますし…。

「スマホだけ持って、手ぶらで行きてーなー」

って気持ちを抑えて、僕はこんな風にタスク分解してます!

  • 「じゃらん」などで、宿泊先のホテル・旅館を決める
  • 「NAVITIME」などで、電車の時間を調べる
  • 「Yahoo!天気」などで、現地の天気・気温を調べる
  • 旅行中の服装を決める
  • 部屋の床に「持っていくもの置場」を作る
  • 必要なものをそこにボンボン置いていく
  • 最適な大きさのカバンを決める
  • 玄関のドアの内側に「最後にカバンに入れるもの」を書いた付箋を貼る
    (当日朝にも使うものです。例:ヒゲ剃り・スマホの充電器)
  • スキマ時間に「食べログ」などで、ごはんを食べるお店を調べる

この順番で進めると、だんだん旅行のイメージにリアリティが出てきますね!

部屋の片付け

部屋の片付けって、人生で一番面倒ですよね!

「あーあー。誰か代わりにやってくんねーかなー。0円で」

って気持ちをねじ伏せて、僕はこんな風にタスク分解してます!

  • ゴチャついてる所のモノを、全部床に並べる
  • 要らないものをゴミ袋に入れる
  • 要るものを使う場所別にまとめる
  • 取り出しやすくて、戻しやすいよう収納する
  • 掃除機・クイックルワイパー的なやつでホコリを取る
  • 拭いてキレイにする

片付けって、一番段取り力が試されますよね!

プレゼンの準備

プレゼンの準備とか、クソだりぃですよね!!ここだけの話!

「あーあー。ランニング中に竹やぶで50億円入ったバッグ見つけねぇかなぁ。ランニングしないけど」

って気持ちにねじりハチマキを巻いて、僕はこんな風にタスク分解してます!

  • 目的を明確にする
    (例:顧客に予算を通す・上司にプロジェクトの許可を得る)
  • 過去のプレゼン資料を集める
  • そこから今回必要な部分を集める
  • 流れ上、足りない部分を足す
  • 過去のフォーマットを利用して、資料を作る
  • 想定される質問を全部書き出す
  • 答えを用意する
  • 覚える
  • 通して喋って、録音・録画して聞いてみる
  • 喋って他人に聞いてもらう
  • フィードバックを元に修正する
  • 服を選ぶ
  • アイロンをかける
  • 「俺は真田広之だ…」と念じる

念力で伝わってほしいですよね!

タスク分解に役立つツール

ToDoリスト
必要な機能は、この2つです。

  • 一覧で見られること
  • 並べ替えられること

付箋は貼れるし、一覧で見られるけど、並び替えるのはちょっと面倒。
とっさにペンがないときもありますからね。

なので僕はデジタル派です。
使ってるのはいわゆる「ToDoリスト」アプリ。

僕はもう7年以上かな?Wunderlist(ワンダーリスト)を愛用しています。

簡単に紹介すると、

  • 動作が軽い。
  • 見た目シンプル。無料で広告出ない。
  • PC・スマホ・タブレットで同期できる。
  • 複数のリストを作れる。
  • リストごとに、他人と共有もできる。

どう?いいでしょ!

Wunderlist: todoリストとタスク管理

Wunderlist: todoリストとタスク管理
開発元:6 Wunderkinder
無料
posted withアプリーチ

まとめ:タスクは分解しましょう。慣れたら「段取りのいい人」になれます。

段取り力が上がる
もうどんな面倒な大仕事がやってきても大丈夫です。
落ち着いてタスク分解しましょう。

慣れてきたら、瞬時に頭の中でできるようになります。
それってつまり、「段取りのいい人」になったってこと!

フー!カッコイイですよね!
COOLなときの向井理みたいで。

今日からタスク分解を使って、「何から手をつけていいかわからない」をバラバラに解体。
そしてサクサク解決しちゃいましょう!

それでは。また。

おまけのひとこと

ヨリヨイ
家の片付けを依頼したら、なぜかとんでもない美女がミニスカートで来た。そんな映像作品を見たことがあります。