妻も嫁もワイフも、ついでに旦那も夫も、腹立つことなく愛せる話

老人と湖

夫婦で暮らしてると、どーーーしても相手を許せないときって、ないでしょうか。
どーーーにも腹が立っちゃってしょーがない。

友達にLINEで、同僚にお昼休みに。
愚痴るしか仕方がない。

そんなとき。ありますよね。
経験。ありますよね。

今日はそんなあなたのお話。

 

おはなし

例えばあなたが世を捨てたとしましょう。(よくあることです)

そしたら当然、中国の山奥に住みますよね。(自然な流れです)
そこにあるのは、朝起きて、霧がかった湖の水面をしばし見つめて、静かにうなずく。
それだけの生活。

そんな生活が、かれこれもう20〜50年続いています。(うろ覚え)
とにかくあなたは翁(おきな)なのです。

 

そこにひとりの男が訪ねてきました。
見たところ、年の功20〜50代です。(老眼)

 

男の話によると、とにかく妻と仲が悪い。
夫婦仲は最悪。家庭内の空気は険悪。

「なんでこんなのと結婚してしまったのか」
「この結婚は人生で最大のミスだ」
「独身時代のあの日に戻りたい」

来る日も来る日も、男は後悔し続けた。
そしてその後悔が、さらに男から愛情を奪っていく。

ある日ささいなことがキッカケとなり、かつてない程の凄惨な口論になった。
そしてとうとう妻に心底腹を立てて、家を飛び出して来たのだという。

 

翁が差し出した水をぐいっと飲み干すと、男は鼻息荒く不満を吐き散らした。

「妻がすぐにガチギレしてきてマジうぜーんです!あいつだきゃあ許せねえ!!」

 

それを聞いたら、あなたはこう答えるでしょう。

「ほっほっほ。世の中とはそういうものじゃて^^」

 

翁は静かに、言葉少なく語った。

世の中とは思い通りにいかないこと。
夫婦とはぶつかってわかり合っていくこと。
誰しもくじけそうになりながら、何かを続けていること。
続けてきたから見えた世界があること。

 

こうべを垂れ、感謝の言葉を残して去って行く若者。
彼もいずれ気づくのであろう。
女心は秋の空。
台風もハリケーンもゲリラ豪雨もあるさ。

 

薮の中に消えゆく来訪者の姿を見送った翁は、ゆったりとした動きできびすを返すと、遠い東の空に目をやり思いを馳せた。

(わしも若いじぶんはあんな風だったんじゃろうか…)

若き日の悔恨の念が、ふいに脳裏をかすめる。

 

あの日自分が発した言葉は、彼女の心にどう刺さったのだろうか…

あの日下した決断は、はたして誰にとっても正解だったのだろうか…
あの日の彼女にとっても…
そして、今の自分にとっても…

 

悠久の時が止まる。
見慣れた湖の川面は、一枚の水墨画のように、波紋ひとつない。

 

そのとき、一陣の風が吹いた。

 

砂ぼこりに閉じた目を開け振り向くと、枯れ木にとまっていたのは一羽の鳳凰。
羽は燃える夕陽のような鮮やかな朱色。
長い尾の動きは「ディズニーが手がけたのかな?」ってレベルのなめらかさ。

悠然とした佇まいで、こちらを見つめている。
その眼はすべてを見透かすように真っ直ぐだ。

 

羽を広げて頭上を舞う鳳凰。
その羽から、尾から、無数の光の粒が生まれて、鳳凰のまわりを舞っている。

そして快晴の水面にきらめく光のような眩さが、翁の頭上から降り注いだ。

眩しさに細めた視界に、かざした手の甲が入ったその瞬間だった。
翁は心臓が激しく膨張するのを感じた。

眼前にある自分の手からはシワが消え、爪は光を受け艶を帯びていた。

急いで服をめくって腹を見る。
手のひら同様、こちらも肌に張りがある。

激しく打つ鼓動に急かされるように、慌てて住処である小屋に駆け込むと、鏡に張り付いたホコリを手で拭った。

 

 

若い。

 

 

顔も髪も唇も、すべてが若返っている。

まるで別人のようだが、違う。
これは、自分だ。
今自分が見ているのは、遠い日の自分だ。

懐かしいその容姿は、懐かしい記憶の引き金となった。
一瞬にして膨大な出来事・感情が、土石流のように脳に流れ込んでくる。

情動に耐えきれずに、翁は小屋の外に飛び出た。

そして、湖を見る。
心を落ち着かせるときはいつもそうしてきた。

視界は広く、鮮明だ。
水面に描かれたわずかな波紋も、遠くに霞む山も、そのまた奥の山までも、今はくっきりと見える。

自分の姿は若くなった。
記憶も若い頃に戻った。

鼓動の高ぶりはまだおさまらなかったが、元いた場所に戻ったことで、ふいに思い出したことがある。

鳳凰のことだ。

 

頭上を見上げても、木々の枝を見渡しても、鳳凰の姿はもうなかった。
今となっては鳳凰が本当にそこに存在していたかどうかも、翁には確信が持てなかった。

 

…翁?

翁なのか?

 

いやちがう。
今はもう翁はではない。

これからの人生、未来を創れる若者だ。

だったら、これまで歩んできた道は消えたのか?
いや、思い出も後悔も、すべて消えずにこの胸の中にある。

これまでの道の先を、この若い体で歩めるのだ。

 

男の体は震えた。
これは寒気でも恐怖でもない。

希望への武者震いだ。

 

私も、やり直せるのだろうか。
薮の中に消えていったあの男のように。

もう一度、愛を取り戻せるのだろうか。
あの日に追いつけるのだろうか。

今すぐに駆け出せば…!

 

翁ではなくなった男は、身支度もせず、着の身着のままで駆け出した。

鼓動が、衝動が、男の体を気持ちが向かう方へと突き動かしていた。

行く先はわからない。
でもひとつだけわかってることがある。

「同じ過ちは繰り返さない。どんな状況でも自分だけは愛を捨てない」

この決心は岩よりも固く、崩れないことだ。

 

男の体には、気づけば希望と愛が満ち溢れていた。

 

今ならなんでもできそうだ。

どんなに牙を剥く獣も抱きしめられそうだ。

どんなものだって、命の限り愛せそうだ。

 

それが、今のあなた。

まとめ

人生極めた老人になったつもりで状況を客観視しよう。
いつか許せるなら、今日も許せるさ。

おまけのひとこと

ヨリヨイ
朝、歯磨きしながら考えました。