ヤフオクよりメルカリが好き!比較してわかったメリット

メルカリ

部屋を片付けてて思いました。

「物が、多い」

で、Yahoo!オークションで売ろうとしたんです。

ヤフオクは10年以上の使用経験がある。
ふふふ…よゆー。

んが、全く入札されない……。?
てか、ウォッチリストにすら入れてもらってない物もある…。

なんなのみんな。
初売りセールに夢中?

そんな中、CMで小嶋陽菜さん(とほか2名)が「メルカリ!」って言ってんのが目に止まりました。

で、「そっちでも出してみっかー」って考えて使い始めたんですが、めっちゃいい。

これ、メルカリ、めっちゃいい。

今日は、落札や出品でヤフオクを使い倒した僕が、メルカリに乗り換えた理由・メルカリのいいところを挙げてきます。

とりゃー!

買うとき・売るとき共通

匿名性

送金・発送・受け取り、やりとりの全てが匿名で行えます。
これ、偉大。

イヤだったんですよねー。
知らん人に個人情報送りまくるの。

相手が近隣の県民やと「….来ないよね?留守を見計らって」とか考えてしましまうんです。心配性なんです。

でも一人暮らしの女の人とか、絶対イヤだったはず。こわいし。
もう留守も夜も安心、安心。
(その他の経路から来る変質者には別途十分注意してください)

送金

ヤフオクでは「取引ナビ」という掲示板のようなものを利用して、出品者・落札者の当人同士が、直接やりとりをして進めていく必要があります。

一方メルカリではこんなカンジ

  1. メルカリに支払い
  2. 発送
  3. 受け取り
  4. 購入者が出品者を評価
  5. 出品者が落札者を評価
  6. メルカリから出品者に支払い

間にメルカリが入ってくれるので、トラブルも少ないです。
安心して進められますね。

支払い方法は

  • クレジットカード
  • コンビニ決済

が選べます。

発送・受け取り

らくらくメルカリ便を使えば、お互いに相手の

  • 氏名
  • 住所
  • 電話番号

を知らずに発送することが可能です。

僕は自宅近くのファミリーマートから発送するんですが、

  1. ファミポートにスマホのQRコードをピ!
  2. 出てきた紙をレジのお姉さんに渡す
  3. 渡されたシールを荷物に貼る

これで終了!
送料は販売利益から引かれるため、コンビニでは財布を出す必要がありません。
(レジのお姉さんにウザがられていないだろうか…..)

配送状況が丸わかり

購入した品ってワクドキしながら待ちますよね。
「はやく使いたいなー」
「写真と違ったらどないしよー」
つって。

いつ届くのか知りたい。
愛しい荷物は今どの辺り??

ヤフオクでは、出品者が発送連絡時に、荷物の問い合わせ番号を教えてくれた場合にのみ、配送状況を知ることができます。
日本郵政やヤマトの荷物追跡サービスサイトにアクセスして、番号入力して。

….自力感。

一方メルカリでは、管理画面から配送状況が丸わかり。

メルカリの管理画面

ぐいぐいきてます!

赤丸が急かしてくれる

僕はiPhoneの設定で、通知があったらアプリアイコンの右上に赤丸(バッジ)が表示されるようにしてるんですが、

「あなたの商品が「いいね」されましたよー」とか
「質問が来てますよー」とかは
開いて確認したら消えるんですけどね。

「やることリスト」っていう、購入・発送に関する、
「次あんたがコレする番だよ。はよやんないと取引進まないよ」
ってリストに来てる通知だけは、実行しないと赤丸が消えません

やっぱ、あの赤丸って消したいじゃないですか。
なのでいいカンジに急かしてくれます。

「うーん、ごはんの後コンビニ行って、今日中に発送しちゃおう」

買うとき

質問しやすい

LINEするみたいな感覚で、気軽に出品者に質問できます。
個人のアイコンがあって、メッセージが来て。

不安なことは事前にどんどん潰しましょー。

発送料込みが多い

これはメルカリの文化なんでしょうか。
ヤフオクと比べて送料込みで出品されていることが多いです。

送料込み…このか価格で…このボタンをトンってすれば、これが届くのか…ゴクリ。
うっかり買いそうになってまうわ。

売るとき

出品がとにかく簡単

これ、偉大パート2。

ヤフオクの場合、まずプレミアム登録っていう有料アカウントになって(クレジットカードじゃなくてネットバンクだと承認に数日かかる)、商品のカテゴリを選んでって、画像のアップロードに時間がかかって、終了日時とか入札者評価制限とかチャリティーするかとか……

ヤフオクの管理画面

ぬおーん!めんどーーい!!

一方その頃、メルカリちゃんは、

メルカリの管理画面

ちょいっとスクロールして…、

メルカリの管理画面

以上!スィンプル!!!

このハードルの低さは、ほんとありがたい。
ポンポン出品できちゃいます。

簡単に編集できる

もし出品した商品の情報に誤りがあって訂正したい場合、ヤフオクではこういった形で追記されることになります。

ヤフオクの管理画面

スマートじゃ、ないな…。
訂正版パねぇ。

また、価格を変更するにはオークションを一旦取り消して再出品しなければなりません。
もしその際、既に入札者がいれば、罰金を支払う必要があります。

その点メルカリでは、Facebookのプロフィール変更するみたいな操作でタイトル・文章・価格などを変更できます。

ちなみに、値下げしたらその商品に「いいね」してくれた人全員に通知がいきます。
使えそうですね!

利益が丸わかり

ヤフオクもメルカリも売れた金額から、手数料が引かれるんです。

その支払い方法なんですが、ヤフオクは、そっとまとめて登録した口座から引き落とされます。
なので最初はわからなくて、あるとき残高が減ってて「アレ?ちょまってや、なんやこの使途不明金」ってなりました。

が、メルカリでは
・出品するとき
・値段変更するとき
・購入された後
など、随時「販売利益」として、実際に振り込まれる額を明示してくれます。

こんな具合に、

メルカリの管理画面

えっ、「なに売ってんのか知らんけど高ない?」って?
その理由は後述します…。

期限ないからとりあえず出しとけ

っていうかヤフオクと違って期限ないんでね。
「この値段やったら、売ったってもええで」
って値段で、とりあえず出しておけば、売れたらラッキーですよね。

最後に注意点

出品するときね、値段は高めにしといた方がいいです。
あいつら、めっちゃ値切ってきよるからな!!

逆に狙ってる品があったら、積極的に値段交渉してみましょう。
その辺はまぁ心理戦ですけど、意外と応じてもらえるかもしれませんよっ!

まとめ

売るにも買うにも、とにかく使いやすい設計です。アプリ・PCサイトともに。
面倒なハードルをとことんハジき飛ばしてくれて、かゆいところに手が届いてるイメージ。
なので気軽に使えます。

と、ヤフオクは斡旋だけしてくれて、「あとは本人達でどうぞ」ってカンジですけど、メルカリは最後まで立ち会ってくれるイメージです。
知らん人に大事な物送ったり・お金振り込んだりするわけやし。安心感って大事ですよね。

その辺の気軽さ・安心感が大ヒットの要因だと思います。

アプリインストールして、気になるワードで検索してみてください。

「おっ!これいいじゃん」
「アレ!?これってこんな値段で売れんの?!」

って物が見つかるかもしれませんよっ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA