エッセンシャル思考とは?本の内容を要約して説明します。

エッセンシャル思考

最近読んだ「エッセンシャル思考」って本がよかったんで紹介します。

この記事を読めば、これらの技術が身につきますよ!

  • 「したくないけど、しなくちゃいけないこと」をやめる方法
  • 「自分にとって一番大切なこと」を決めて、それに全力を注ぐ方法

それによって、仕事では高い成果を上げて、プライベートは充実するでしょう。

人生ウハウハフィーバーですな!

ってことで、以下イラスト図解を交えてお送りします。

エッセンシャル思考とは

エッセンシャル思考

そもそも「エッセンシャル思考」ってなんなの?

エッセンシャル思考の目的は、世間的な成功を手に入れることではない。
人生に意味と目的を見出し、本当に重要なことを成しとげることだ。

難しいわっ!

簡単に言うとコレ、

仕事ができるようになるだけちゃうよ?
それもひっくるめて、人生で一番大切なことができるよ!

ってこと!

つまり自分の力を最大限の成果につなげるための考え方です。

これをキャッチコピーにすると、「より少なく、しかしより良く」ですね。
これは覚えやすい!し、イメージしやすい。

でも、一体どうやってそんな本気パワーを出すんでしょうか?
クリリンの死?

エッセンシャル思考のイメージ

違います。だれも死にません。
この図を見てください。

非エッセンシャル

エッセンシャル思考
力が分散する。
その結果、全方向にちょっとずつしか進めない。

エッセンシャル

エッセンシャル思考
力がひとつにまとまる。
その結果、一方向にギュイーンと進める!!

こういうイメージ。
持てる力をガッ!ひとつの方向に集中させる!

これを実社会にあてはめて、サラリーマンの1日を想像してみましょう。

非エッセンシャル

朝から会議出て、メール返事して、同僚と昼ごはん行って、プゼレン資料作って、得意先回って、報告書書いて、見積書出して、報告書のやり直し食らって、後輩女子ににらまれて、先輩男子に足踏まれて、犬にお尻を噛まれる。トホホ…。

エッセンシャル

丸一日、スマートにプレゼン資料作りに集中。

その結果ビッグなプロジェクトがキックオフ!
社長からフェラーリをゲットだぜ!
助手席にはアンジェラ芽衣だぜ!

SO COOL!

どうだいこの違い!
こゆことさっ!

(男子のみんな!話の内容に戻ってきて!)

実践!エッセンシャル思考

エッセンシャル思考の本質は、

  1. 見極める
  2. それ以外を断る
では、それらはどうすれば出来るようになるんでしょうか?
具体的なテクニックを紹介します。

選ぶ!自分の「本質目標」を見極める質問

エッセンシャル思考
自分にとってのエッセンシャルなこと、それが本質目標です。

「や…突然そんなこと言われても…わからんよ」

ってなりますよね。

ここで本で紹介されていた、自分に投げかける質問文をいくつかご紹介します。

  • もしもたったひとつのことしかできないとしたら、自分は今、何をやる?
  • 自分の墓にひとつだけ成し遂げたことを彫るとしたら、何が彫ってあったら誇らしい?
  • さて、今日は何に全力を注ごうか?
    何かに「イエス」と言うことは、その他すべてに「ノー」と言うこと。
    「何をあきらめなくてはならないか?」と問うかわりに、「何に全力を注ごうか?」と考えよう。
  • さて、今日のタスクのうち、いくつがノーになる?
    中途半端なイエスをやめて、「絶対やりたい!」か「やらない」かの2択にしよう。
    絶対にイエスだと言いきれないなら、それはすなわち、ノーである。
  • 自分が他人の期待に合わせてしていることは?
    そのせいでできてない、自分の本当にしたいことは?
    人が死の直前に後悔していることNo.1は、「他人の期待に合わせるのではなく、自分に正直に生きる勇気がほしかった」。
    • ここはたっぷり時間をかけてください。

      自分の中にあるたったひとつの目標
      大切な誰にも奪われたくないものを見極めましょう。

      決める!自分の本質目標を文章にする

      エッセンシャル思考
      さて。さっきの質問で、自分にとって本当に大切なものは見えましたか?

      それがあなたの本質目標。
      一番大事なこと。

      それが決まったら、ひとつの簡潔な文章にしちゃいましょう。
      文章にして頭に入れておくことで、とっさの判断で迷わななくて済みます。

      その際意識したい点はこちら。

      • 具体的
      • 魅力的
      • 意味があって覚えやすい
      • 測定可能で
      • 即座に理解できる

      多いなっ!

      これを満たすのって、例えばどんな文章なんでしょうか?

      ダメな例

      • 当社は法を遵守し、高度な倫理基準を守りながら、長期的な株主価値を最大化する(で、具体的には?)
      • 我々は顧客と社員を最優先に考えます(どっちやねん)
      • 我は妻と愛人を最優先に考えます(それぞれに魅力があるからね)

      ナイスな例

      • ニューオリンズの下9地区に住む世帯のために、低価格で環境にやさしく、災害に強い家を159戸建設する
        (ハリケーン災害後にブラット・ピットが打ち出したらいいよ。中身もイケメン!)

      例えばこのブログの本質目標は「よりよい自分になれる情報を提供することで、読者の暮らしを効率化して、本当にしたいとこができる時間を生み出すこと」です。

      測定が難しいですね…。要検討…。

      断る!非エッセンシャルなことをはねのける方法

      エッセンシャル思考

      働きすぎることはあまりにも簡単だ。活動的で向上心あふれる人にとって、自分を酷使するのは苦痛でも何でもない。本当に難しいのは、働きすぎないように制御することだ。

      なんでもハイハイ引き受けるのは簡単です。
      相手の笑顔を見るために、笑顔で「YES」を言い続ければいいですからね。
      ジャパニーズスマイリーイエスマン!

      ほんとに難しいのは断ること!

      周りからの期待やプレッシャーに負けて、ついついハイハイ言っちゃう人。
      職場で「んー、とりあえず調べてみますね」って曖昧な返事を繰り返したばっかりに、気づけば周りからいいように使われている人。

      そんな人は、是非このフレーズを使ってほしい。

      「予定を確認してから、改めてお返事します」

      そう言い残して、その場から立ち去りましょう。
      そして落ち着いてゆっくり、論理的な説明を考えるんです。

      「なぜできないのか」
      「自分は他に今、何を抱えているのか」
      「そしてそれは、どれほど重要なものなのか」

      「NO」という返事は、短期的に考えれば相手からの印象は悪くなるでしょう。

      でも大丈夫。
      誠意のある「NO」は、長期的に考えれば相手からの敬意を手に入れられます。

      しっかり考えて、しっかり仕事に向き合ってるわけですからね。

      「あの人にはちゃんと時間あるときに、改めてお願いしよう。きっと責任を持って、きっちり仕事をしてくれるに違いない」

      ってね!

      実録!エッセンシャル思考

      エッセンシャル思考
      さーあ!ここまで来たら、もうあなたはエッセンシャルボーイorガール!

      生活のいろんなシーンで、エッセンシャルったところを例にして紹介しましょう。

      レッツご参考っ!!

      会社編

      すみませんが、その仕事はできません。
      今スケジュールにゆとりがない中でそれを受けてしまうど、今やっている仕事のクオリティが下がってしまいます。
      そうなるとお客様からの今後の信用に関わるので、できません。
      声をかけていただいたところ、すみません。
      彼なら今少し余裕があるみたいですよ。私の方からも、話をしてみましょうか?
      エッセンシャル!

      家庭編

      ゴミ捨て?僕はやめておくよ。
      見りゃわかるだろ?僕は今、プラモデル作りの最中さ!
      エッセンシャル!

      背徳編

      今夜だけは、妻を忘れて君とエッセンシャルすることにするよ。いいだろう?エクスタシー!

      路上編

      ヘーイ彼女!僕とエッセンシャルしな〜い?

      謝罪編

      すみません。出かけるときに…あっ!いえっ、今すぐ捨ててきます。
      あっ…、それはゴミじゃないです。
      プラモデルです。

      バンド編

      L’Arc〜en〜Cenciel
      (ラルク・エン・センシアル)

      まとめ

      見極める(人生に意味と目的を見出し、)
       ↓
      それ以外を断る
       ↓
      パラダイスフィーバー!(本当に重要なことを成しとげること!)

      みなさんのお墓に、素敵な本質目標が彫られますように!!

      おまけのひとこと

      ヨリヨイ
      バンドやってようがやってなかろうが、モテるやつはモテる!
      モテないやつはモテない!