それは時間の無駄?浪費・消費・投資に分けて考えよう

時間の価値は自分で決める

無駄・むだ・ムダ…。

非常に嫌いな言葉だ!!

時間の無駄。お金のむだ。体力のムダ。

ダメ、絶対。

限りある大事な資源、時間。
得られるものを最大化するために、これからは時間を3つに分類しましょう

さあ!仕分けんぞー。
この気持ち、2位じゃダメなんです!!

時間の3つの分類

時間の失くし方を3つに分類しましょう。
あなたが昨日の夜してたことは、どれに当てはまりますか?

浪費

いわゆる「時間のムダ」ってやつです。

興味ないバラエティ番組をガッツリ最後まで見ちゃったり、
長い突然待ち時間ができたのに、手ぶらでなんにも出来ることがなかったり、
「これ、俺いなくてもよくね?」って会議がダラダラ長引いたり。

他には、そうだねぇ…。

「あぁ〜マジで時間ムダやったわぁ〜」
「いや、俺もう今日、店入ることためらったからね?」
「男子やったやん。ひとりほぼ男子みたいなんおったやん」
「幹事としてさ、どうやったん?今日。なんか言うことない?」

とか?

ムダだったかどうかは、「後に振り返って後悔するかどうか」で判断できますね。

くそぅ。時間返せよ。

消費

「失って何も帰ってこない」という点で、一見すると浪費と似てますね。
しかし、こちらは悪ではありません。
例えば、

・睡眠
・食事
・お風呂
・トイレ
・通勤

などが消費にあたります。

良いも悪いもない。
要るものです。

浪費は積極的に削っていくべきですが、消費は生きていくのに最低限必要なもの
毎日固定でなくなるものとして認識して、むしろ削らないよう心がけましょう。

特に睡眠は削ると、長期的に見るとマイナスですよね。

投資

お待たせしました。投資です。
みんな大好き、投資です!

何かがザックザク入って来るイメージ。
うっはうは。モッテモテ。キャッキャウフフ!

浪費・消費との違いは、「目的があるか」

だからもし例えば、

「俺はお笑い芸人になるんだ。天下取ったる!待っとれやい、さんま!」
って考えてるなら、バラエティ番組をガッツリ最後まで見るのはありです。

「私はアパレルのデザイナーになるんだ。だからこの待ち時間は周りの人のファッションを徹底的に観察してやる!」
なら、待ち時間に何か作業をしてなくてもいいですよね。

「自分は将来的に組織で上に立つ人間だ。そのためには会議のファシリテーションスキルは必須。このダメ会議、自分ならどう仕切る?」
ってんなら、しょーもな会議も反面教師になりますね。

何かを始めるとき、


「目的はあるか?」
「説明できる理由はあるか?」
「一旦失っても、後でそれ以上の何かが帰ってくるか?」

など、それが投資かどうかを判断できる、自分に投げかける質問を用意しておくといいですね。

これに気をつけよう

「投資のつもりが、結果的に浪費になった」はある。
全然お笑いのセンスが身につかなかったら、「テレビの時間は無駄だった」と言われても仕方がないでしょう。

逆に、「浪費してただけなのに、いつの間にか投資になっちゃってたよ!イェイ!あは☆」なんてことは、はないです
目的なく過ごしてて、スキルもお金も身につくわけがない。

つまり大事なのは、
「浪費の時間はなくす。そして投資が浪費になってしまわないように心がける」

ってことです。

かけた時間は、取り戻せません。
必ず別の形で取り戻しましょう。

読書は初でも役に立つ

「レバレッジ」っていうのはテコの原理の「テコ」のこと。
「少ない力で、大きな成果を得よう」ってことですね。

そうした働きかけのことを、この本では「レバレッジを効かす」って表現しています。

紹介されているレバレッジをかけやすいものでは、

・パソコンのタッチタイピングをマスターする
・世界地図を覚える
・英会話を習得する

なんかは、身につけたら一生使えますよね。
今後もそうガラリと変わることはないでしょうし。

これらは特にわかりやすい例ですけど、他にも「あっ、そこは確かに意識した方がいいな」ってポイントが、いっぱい紹介されてます。

そんでこの本、後にシリーズ化されていて、他にも

「レバレッジ勉強法」
「レバレッジ・リーディング」
「レバレッジ人脈術」
「レバレッジ・マネジメント」

などがあります。

気になる方は本田直之さんのレバレッジシリーズを見てみてください。

カット、浪費。
ゲット、投資!

やったるで!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA